天津祝詞(あまつのりと)

天津祝詞

高天原(たかあまはら)に元津御祖皇大神(もとつみおやすめおほかみ)『数多(あまた)の天使(かみがみ)を集(つど)へて永遠(とことは)に神(かみ)(つま)ります。 神漏岐(かむろぎ)神漏美(かむろみ)の御言(みこと)(も)ちて 神伊邪那岐尊(かむいざなぎのみこと)九天(つくし)の日向(ひむか)の立花(たちばな)の小戸(をど)の阿波岐ケ原(あはぎがはら)に。御禊(みそぎ)祓ひ玉ふ時になり坐(ま)せる。 祓戸(はらひど)の大神(おほかみ)たち 諸々(もろもろ)の曲事(まがこと)(つみ)(けがれ)を。 祓ひ玉へ清め賜(たま)へと申(まを)す事の由(よし)を 天津神(あまつかみ)、国津神(くにつかみ)、八百万(やほよろづ)の神たちともに 天(あめ)の斑駒(ふちこま)の耳(みみ)振立(ふりたて)て聞食(きこしめ)せと 恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まを)す。